【欧州放浪の旅】4~6日目 カッパドキア

おはようございます。

最低気温-16℃のカッパドキアから更新です。

寒さにやられたのか、2-3時間前からお腹が痛いです…。

 


【4日目】

IMG_2602

カイロ最終日の朝食はホテル向かいのキオスクで買ったお菓子。

エジプト人は朝食を外で食べる習慣がないため、午前中は開いてない飲食店が多いそうです。

 

IMG_2613

今日はイスタンブールへの移動日。

昼食は空港でハンバーガー(LE50)。日本円に換算すると1000円なので結構高い。

 

IMG_2622

エジプト航空でイスタンブールへ。

 

IMG_2637

イスタンブールに到着。

 

DSC_0554

税関を出た所でもう一人の友人と合流。

ここから3人旅のスタートです。

 

IMG_2640

地下鉄を利用して、アタテュルク空港からエセンレル・オトガル(長距離バスターミナル)へ移動。

切符がわりになるジェトンというコインを購入して改札へ入ります。

 

DSC_0555

乗車時間は20分くらい。

 

IMG_2655

長距離バスターミナルへ到着。

 

IMG_2656

ネヴシェヒル・セヤハット社でカッパドキア行きのバスを予約。

料金は50TL(約2500円)。

 

IMG_2657

Wi-Fiがあったので、Expediaで良い感じの宿を予約。

 

IMG_2676

車内はこんな感じ。

一人ひとりのスペースが広くて非常に快適。

車内でWi-Fiが飛んでいるのには驚きました。


【5日目】

IMG_2714

イスタンブール⇔カッパドキアの移動時間は約12時間。

車内で夜明けを迎えました。

 

IMG_2780

街の中心地であるネヴシェヒルに到着。

 

IMG_2781

ここからカッパドキアのギョレメ行きのバスに乗り換える予定だったが、バス会社のスタッフを装った旅行会社の客引きに捕まりそうになった。

騙されてしまう人も多いようなので注意が必要です。

 

IMG_2784

ミニバスでギョレメへ。

 

IMG_2859

バスターミナルに到着!

 

IMG_2819

IMG_2809

バスから降りると何匹かの犬に到着を歓迎される。

カッパドキアでは犬は放し飼いが多いみたい。

IMG_2801

IMG_2790

観光案内所でホテルの場所を聞くと、ホテルのスタッフが直接迎えに来てくれた。

 

IMG_2792

今回泊まるホテルは「PHOENIX CAVE HOTEL」。

Expediaの口コミ通り、オーナー家族がとっても親切なので、おすすめの宿です。

 

IMG_3136.CR2

ホテルの外観。

 

IMG_3135.CR2

エントランス。

チャイを飲みながらオーナー家族と談笑したりするのは楽しい。

 

IMG_3157

部屋はこんな感じ。(一泊した後の写真なので少し汚い笑)

 

IMG_3133.CR2

部屋の隣にはテラス。

 

IMG_2830DSC_0814

いつもこのテラスにいるオーナーの愛犬が凄く可愛い。

 

IMG_2858IMG_2846

とりあえず朝食を食べる。

午前10時時点で開いているお店は少なかったので、レストラン探しに一苦労。

 

DSC_0837

当日、カッパドキアの最低気温は-17℃、最高気温は-6℃。

寒すぎたので土産屋で帽子を購入。

 

IMG_3137.CR2IMG_2882

レンタル自転車でギョレメを周ることに。

 

IMG_2907.CR2IMG_2922.CR2IMG_2901.CR2

約1km急坂を登って「ギョレメ・パノラマ」へ。

 

DSC_0884

岩の上に乗ってみる。

 

IMG_2937.CR2IMG_2953.CR2

更に数キロ先の「ウチヒサル」へ。(左写真の奥)

巨大な一枚岩が城塞として使われていたそうです。

 

IMG_2989IMG_2985IMG_2977.CR2IMG_2983

「ギョレメ屋外博物館」へ。

30以上の洞窟教会を見ることができる。内部の撮影は殆ど禁止だったため写真はなし。

12-13世紀にかけて作られた教会の壁画がほぼ完全な状態で残っているのは凄い。

 

DSC_0964

帰り際、銃を持った兵士に話し掛けられて何事かと思ったら、

「君がカメラに付けてる広角レンズ、僕も欲しいんだよね。そのレンズの調子はどうだい?」

とフレンドリーな話題でびっくり。

博物館のスタッフ含め、30分くらい雑談してました。こんなに兵士と仲良くなったのは初めて。

 

IMG_2997IMG_3005

昼食はトルコ名物のケバブ(4TL)。

トルコはどこもパンが美味しい気がする。

 

IMG_3009

その後もギョレメを散歩してカッパドキア一日目が終了。

ホテルで休憩し、気がつくと午後9時に。どこのお店も閉店していたので街の売店でコーンフレーク(8.5TL)と牛乳(1.5TL)


【6日目】

DSC_0984IMG_3023IMG_3030

今日は朝6時から気球ツアー。

ホテルオーナーの人脈により100€の格安料金で参加できました。(相場は150€くらい)

IMG_3039IMG_3044.CR2IMG_3060.CR2IMG_3074.CR2IMG_3089.CR2IMG_3093.CR2

フライト時間は約1時間。

 

DSC_1037

終始感動しっぱなしでした。本当にカッパドキアに来てよかった。

 

IMG_3119.CR2

フライト終了。上手い具合に牽引車の上に到着。

気球のパイロットの技術の高さに感動しました。

 

IMG_3129.CR2

証明書が貰えました。

 

IMG_7097

今回のツアーは3分の1が日本人。

知り合った記念にパシャリ。

 

IMG_3132.CR2

とりあえず、ホテルのテラスに戻り一休み。

気球ツアーの話題で盛り上がる。

 

IMG_3144.CR2

9時、朝食はオムレツ(7TL)。

今日はツアーに参加すべきか、自分たちで周るべきかを話しあう。

…が、地球の歩き方を見て、「ツアー開始時間は大抵8:00~8:30」と書いてあることに気がつく。

 

IMG_3152

レストランのおじさんにわざわざレンタルバイク屋の場所まで案内してもらった。

大抵のエジプト人は旅行者に対してこんな親切な対応はしないし、したとしても高額のチップを要求していただろうなと思う。

トルコ人は本当に優しい。

 

IMG_3170

レンタルバイク屋のおじさんとパシャリ。

僕らがバイクを借りることに対して、様々なリスクを考慮するようアドバイスをしてくれました。結局バイクは借りないことになったけれども、終始僕らの利益を考えて色々な提案をしてくれた、おじさんのプロフェッショナリズムに感動。

 

IMG_3182DSC_1077

昼食はレンタルバイク屋のおじさんが紹介してくれたレストランでポットケバブを食べた。

ケバブをポットで煮込み、目の前でポットを割ってくれます。

 

IMG_3198IMG_3199IMG_3192

午後はギョレメの街を散策。

何となくホテル近くの坂道を登って行ったら、展望台にたどり着いた。

 

DSC_1107

一緒に展望台にいたボストン大学のアメリカ人とパシャリ。

すごく可愛かったです。はい。

 

IMG_3210.CR2

今夜はオーナーおすすめのターキッシュナイトショーへ。

洞窟のレストランでトルコ料理のディナーをとりながら、トルコ舞踊を見てきました。

IMG_3232

途中、ダンサーに手を引かれて一緒に踊ることになりましたが、即興で周りに合わせて踊るって難しいですね。


トルコ人は親切な人が多いというのは本当なんだと実感しました。

カッパドキアのトルコ人は、誰も彼も非常に親切かつフレンドリーな対応をしてくれます。親切にされすぎて申し訳なくなるくらい。

勿論騙そうとしてくる連中もいるけれど、大部分のトルコ人は親切な人なのかなと感じています。

エジプトにいた時は周りの現地人が信用出来なかったので、ギャップが凄いです。

 

明日は同じく世界遺産のパムッカレに向かいます。

では。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>